国内入手可能な肥満治療薬の中で唯一、中枢神経系に作用せずに肥満治療を行うことが可能とされているオーリスタット。アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可も出ているので安心して服用出来ます。

肥満の原因を見つけよう|オーリスタットとさつまいも

なぜ太るのかを知ることができれば、ダイエットは成功しやすいです。
やみくもに運動したり、食事を減らすよりも、ピンポイントで原因に働きかけていったほうが成功率はアップします。そもそも人間の体は絶妙なバランスで維持されているので、それを急激に変えるダイエットは体にも心にも負担がかかります。
長い間の生活習慣が現在の体を作り出している以上、だましだまし改善していかないと体は激しく抵抗します。
ゆっくり痩せるのがポイントということで、脳が気付かないくらいゆっくりのスピードで痩せていったほうが良いです。
例えば女性が大好きなさつまいもを使ったダイエット方法もあります。
「さつまいもは炭水化物だから太る」と思っている人も多いですが「炭水化物=糖質+食物繊維」ということに目を向けてみましょう。糖質が多ければ血糖値が上昇して太りやすくなりますが、食物繊維の割合が多ければ血糖値の上昇は緩やかになります。食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにして、お通じを改善させる効果も期待できるので、ダイエットにはもってこいの食べ物です。
6割以上が水で、190kcal/150gと低カロリーです(ご飯は250kcal/150g)。1日1食をさつまいもに置き換えるとダイエット効果が期待できます。
脂っこいものがやめられないという人は、オーリスタットを使ってみる方法がオススメです。オーリスタットは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して、食べた脂肪が吸収されるのを抑えます。極度の肥満症のダイエット薬の有効成分にも使われています。
オーリスタットは医薬品の成分なので、サプリメントなどの健康食品よりもはっきりした効果を期待することができます。